水素水を選ぶときのph値

ph値とは?

水素水を選ぶときに見るのがph値です。ph値とは、酸性やアルカリ性を示す数値のことです。正式には「potential Hydrogen」または「power of Hydrogen」と言います、日本語にすると「水素イオン指数、水素イオン濃度指数」といわれ、水溶液中の水素イオンの濃度を測定し、酸性かアルカリ性かを示します。ph値は7を中性として、それより小さくなれば酸性が強くなり反対に大きくなればアルカリ性が強くなります。酸性はすっぱく、アルカリ性は苦くなります。酸性度が高いと金属はとけ、アルカリ性が高いと皮膚をとかします。私たちの身体も場所によってph値がことなります。例えば体液は7.3~7.8の弱アルカリ性で成り立っています。皮膚は通常4.5~6.0の弱酸性です。胃液は食べ物を消化しますから想像できるように1.0~3.0の強酸性です。このように体内の中に存在するものや皮膚などそれぞれph値が異なっています。では水素水のph値はどこを基準にいたらよいのでしょう?

水素水を選ぶときのph値

酸性に傾くとph値は低くなるとお話ししました。ですから体を酸化(老化)から守りたいのであれば、ph値を上げることが必要となります。水素水はph値を下げて体をアルカリ性に近づける抗酸化作用をもっています。とはいってもph値が高ければよいというわけでもありません。アルカリ性の物質は度がすぎると健康を害する可能性があります。さらに味も苦くなるため飲みにくくなります。厚生労働省が定める飲料水のph基準は5.8~8.6以内です。ですから水素水を選ぶ時にはこの中でも高めの数値ph7.3~8.6以内のものが良いと言えるかもしれません。phの数値はどんな飲み方をしても変わりませんが、沸騰させた場合は水素が飛ぶので、できたら常温が冷やして飲んだ方が良いです。水素水を購入する時にはph値を意識して選んでみてください。

コメントは受け付けていません。.